草履職人来場〜手仕事による良さのまとめ〜

2019.11.20 | ブログ -日々のこと-

こんにちは😃

目黒呉服店では11月19日〜11月21日の3日間、草履職人をお呼びして普段は見られない草履を見られたり修理なども承っております。

 

さて、さっそくですが草履職人の手仕事による良さをお伝えさせて頂きます💡

 

①対面で職人と話ができる

草履に関する疑問をすぐ解決できるので、間違った草履選びをしなくなります。

さらに職人と色々お話しする事で信頼関係も増しますので、次回来場時などにも気軽に相談できるようになります。

 

②好みの鼻緒の締め付けを調整してくれる

人それぞれ足の形は違うので、自分の足にあった鼻緒調整をすることにより歩きやすくなります。

 

③その場にない草履も可能な限り探してくれる

来場時に持ってきている草履がすべての在庫ではないので、お客様のご希望を伺い可能な限り探してくれます。

 

などなど、上記のような事があげられます。

その他にも職人とお話ししながら好みの草履を誂えていく流れが楽しいかと思います◎

 

逆に職人からの話を伺ってきましたので、Q&Aスタイルでご紹介しますね。

Q「大変な事や辛い事はありますか?」

A「せっかく誂えた草履を履いてくれない事です」

新品だからといってずっと履かずにいるとどんなものでも経年劣化します。

新しく誂えたお草履でお洒落を楽しんで欲しいとの事でした。

 

Q「楽しい事はありますか?」

A「お客様から履きやすかったなど喜びの声を頂いた時です」

やはり仕事の楽しさはお客様からの反響で、

たくさんの方が着物でお出かけされ、草履の履きやすさやお洒落を楽しんで頂きたいとの事です。

 

最後に職人の仕事の様子をご紹介したいと思います。

草履の裏から鼻緒の紐を入れ込み、

 

きっちり結んでいきます。

 

 

長年の経験を生かし、手で履き心地の感触を確かめていきます。

 

後ろ側もきっちり調整していきます。

 

調整が決まったら台に釘を打ち込み完成です。

 

ばっちり誂えてくれました。

 

ぜひ、お探しの方はお好みの草履を誂えにいらしてくださいませ。

 

page top