目黒呉服店のお知らせ

浴衣のご予約お早めに

2019.05.07 | ブログ -日々のこと-

本日は浴衣ご予約のご案内です。

 

まずは気になるお値段のイメージですが、

 

◎浴衣反物 ¥16,000〜¥35,000 + 浴衣仕立代(湯のし込)¥14,000でお誂え頂けます。

◎帯 ¥7,500〜¥20,000

(それぞれ税抜価格になっております)

 

それでは、何点か御紹介していきます。

 

柄の輪郭がはっきりとした凜と映える浴衣です。

帯は兵児帯で締めやすそうです。

 

 

上の4枚は柔らかな印象で帯の色も幅広く合わせられる浴衣です。

 

こちらも女性らしい可愛さが引き立つ一枚です。

 

こちらは縦の藍色が浮き立つような色合いで、モダンさを感じる浴衣です。

 

 

もちろん男性用もご用意しております。

こちらは男らしい柄ゆきの浴衣です。

 

男性もモダンな柄をご用意しており、個性を出すのにオススメです。

 

他にも色々な種類やお店でご用意している反物もありますので、ぜひご覧にいらしてください。

◎お取り寄せとお仕立がありますので、ご予約はお早めに◎

 

今季は浴衣で粋な夏を過ごされてみては如何でしょうか。

 

足が疲れない低反発の草履 礼装用〜しゃれ着までコーディネートしてみました。

2019.04.26 | ブログ -日々のこと-

さて、本日は台が柔らかく、足が疲れない大好評の低反発草履の御紹介です。

一度履いたら止められないので、ぜひ一度お試し頂きたい草履になります。

 

また、お好みの台と鼻緒を選んでいただけるので、お客様の雰囲気に合った一足を探して頂けます。

 

お値段も台と鼻緒セットで¥29,000(税抜)とお手ごろ価格が嬉しいところ。

(※Sサイズはプラス¥2000掛かります)

 

それでは、御紹介していきます。

台は16色からお選び頂けます。

 

鼻緒ですが、

礼装用

 

 

しゃれ着〜お茶席用

 

しゃれ着用まで豊富にご用意しております。

 

何足かコーディネートしてみましたので、御参考にしてみてください。

こちらは礼装着に合わせてみました。

台もツヤ感があり、上品な雰囲気を演出してくれます。

 

こちらは組織の鼻緒を合わせて、しゃれ着〜お茶席までお使い頂ける合わせてみました。

 

こちらは色に統一感を持たせ、しゃれ着用に合わせてみました。

 

組み合わせ一つで全然違う見え方になるので、ぜひあなただけの一足をお探しにいらしてくださいませ。

 

きものコーディネート 〜京都で仕入れてきたモノを合わせてみました〜

2019.04.23 | ブログ -日々のこと-

こんにちは。

先日、京都にて仕入れてきた帯やきもののコーディネートを組んでみたので、ご紹介させて頂きます。

 

さて、こちらは雪輪の輪郭が際立つ夏帯です。

6月〜8月まで締めて頂けます。

今回は紗の着物と合わせてみました。

 

また紬に合わせてしゃれ着から、小紋やお召に合わせてお茶席まで幅広くお使いいただけます。

 

 

こちらは帯の上に花が咲いたような杉村織物の逸品です。

モール糸を使った織りで立体感があり、上品さを感じる帯です。

今回は小紋も大人しいながら品のあるモノを合わせてみました。

 

近くで見ると柔らかなモール糸の盛り上がりが帯の奥行きを演出しています。

こちらは9月〜5月頃まで締めて頂けます。

 

さて、こちらは伊勢型を使い職人の手作業で染め上げた極鮫小紋になります。

生地もしっとりとした風合いで着物に仕立てれば、柔らかで上品な着姿になることでしょう。

 

ちかくで見るとこの細かさです。

伊勢型を何回も送り、柄がズレないように染めていくのが職人の腕です。

 

 

さて、こちらは沖縄出身の織り手である「上原美智子」さんが製作された手織りの帯になります。

良い意味で沖縄らしさを感じず、でも温かみがあり、洗練された素朴さを感じる帯です。

糸も草木染めされたモノを使用しております。

合わせる範囲も広く、小紋や紬にオススメです。

上の写真は先ほどの極鮫小紋に合わせてみました。

 

もうひとつ塩沢紬に合わせてみました。

癖なくどんな着物にもすんなり合う帯です。

真冬以外は締めて頂けます。

 

最後にご紹介するのが井関の袋帯です。

礼装着といえば井関を締めれば間違えないです。

 

おめでたい柄がちりばめられています。

様々な色を使っていますが、全体的にまとまりがあり品を感じる一品です。

地色も大変優しい色味で、年齢幅も広く何年経っても合わせやすい帯です。

 

いかがでしたでしょうか。

ぜひ、目黒呉服店に遊びに来られた際にご覧になってみてください。

半幅帯の組み合わせ

2019.04.09 | ブログ -日々のこと-

こんにちは。

京都にて素敵な半幅帯を仕入れてきたのでご紹介致します。

 

半幅帯といってもこちらは格があるので、小紋や付下、場合によっては訪問着にも着用して頂けます。

 

こちらは小紋に。

 

こちらは付下に合わせておりますが、帯の結び方で上品さを演出して頂けます。

 

 

下に紹介します半幅帯は小紋から付下くらいまで締めて頂けますが、紬にも合わせて頂けます。

のせる着物や結び方によって色々な表情を見せてくれるので幅広く楽しんでいただけます。

 

他にも目黒呉服店では半幅帯を取り扱っております。

 

左は紬などの洒落着に。

真ん中は小紋や付下などに合わせてパーティーに。

右はお茶の練習着などに如何でしょうか。

 

また、楽に締められるので疲れもなく気軽に楽しめるのも半幅帯の魅力です。

新しいお茶のスタイル ~Matcha stand~

2019.03.17 | ブログ -日々のこと-

こんにちは。

本日はいつもと少し違う投稿です。

 

 

はい。

とあるイベントでお茶をコーヒースタンドのように提供する「Matcha stand」を新たに表現してみました。

 

そのイベントとはこちら。

横浜でデザイン会社として活動されている「STUDIO NIBROLL 」様が今回、旭川で展示会を開催された内容です。

 

NIBROLL様とは以前、当店もお世話になっており、その繋がりもあって今回のイベント参加という流れになりました。

 

イベント開催にあたり、NIBROLLの方が制作してくれたオリジナルの羽織になります。

また、コーヒースタンドならぬ「Matcha stand」がテーマなので、襦袢ではなくシャツスタイルです。

 

後ろはこのような感じのデザインになります。

 

帯はよく見るとチャックを張り合わせたデザインになっており、今回着用した大島紬とぴったりでした。

 

お茶の出し方も好きなお茶碗を選んで頂き、カウンタースタイルで提供させて頂きました。

 

さて、お菓子にお出ししたのがRAMSのチョコレートです。

とても可愛らしいチョコレートを作られています。

気になる方はぜひ下のリンクからチェックしてみてください。

https://www.instagram.com/rams_chocolate/

 

 

初めての試みだらけのイベントでしたが、無事皆様喜んでいただけたようで何よりでした。

そして、何より楽しくイベントに参加できたことに感謝です。

 

また新しい着物の在り方を発見する機会にもなり、大変充実した1日を過ごすことが出来ました。

違う機会にどこかで「Matcha stand」を表現できたらと思います。

 

では、今日はこの辺で。

米沢発 〜若い方にオススメ おしゃれな単衣〜

2019.03.13 | ブログ -日々のこと-

こんにちは。

今回の展示会では新しい感覚の着物「ZAway」をご紹介しております。

 

さて、「ZAway」とは。

米沢発の”単衣を楽しくクールに着こなそう”というコンセプトのもと表現される米沢織の作品になります。

それでは、「ZAway」をご紹介していきます。

 

 

まずご紹介するのは、とてもキャッチーな色使いの帯です。

 

ひとつこんな感じで合わせてみました。

こちらは横糸に和紙が織り込まれているので、大変軽い仕上がりになっております。

 

コーディネートに合わせた着尺はこちら。

ツートーンになっており、着姿に奥行きを演出してくれます。

 

よくみると横糸に色々な配色を施されています。

 

 次にご紹介するこちらも柔らかな色合いの着尺です。

 

よく見ると生地が大変涼やかに織られています。

 

こちらの着尺には少し大人らしさを感じる色の帯をのせてみました。

エメラルドグリーンの線がアクセントになっており、とてもおしゃれですね。

 

次はお召です。

 

こちらをよく見ると市松模様になっており、あざやかな色味が浮き立って見えます。

 

こちらはグリーンベースに白の帯を合わせてみました。

グリーンやブルーのラインが着尺と統一感が出て、爽やかさをさらにプラスしてくれます。

 

こちらもお召しになりますが、鱗文様に横糸の色がアクセントを効かせています。

 

こちらは落ち着いた色味でコーディネートしてみました。

大人っぽい雰囲気を楽しんでいただけるのではないでしょうか。

 

いかがでしたでしょうか。

展示会は3月15日まで開催しておりますので、ぜひ遊びにいらしてください。

お茶席やお祝い事にオススメ! 〜唐織・色無地の世界〜 

2019.03.12 | ブログ -日々のこと-

こんにちは。

目黒呉服店では現在「おしゃれ百選」を開催しております。

 

今回はお茶席やお祝い事などにお使い頂ける品々をご用意しております。

 

まずは会場の雰囲気をご案内致します。

ずらっと並んだ素晴らしい品々がお出迎えしてくれます。

 

入り口正面はこんな感じです。

 

 

さて、今回のテーマでもある「山口安次郎〜唐織の世界〜」をご案内致します。

 

立体感があり、色や柄が浮き出てくるような印象の唐織。

そちらをじっくり見ていきましょう。

 

どれも素晴らしい色彩、柄ばかりです。

また安次郎の唐織帯は軽く、締めていても疲れないのが嬉しいところです。

 

 

一本、遠山柄の付下と合わせてみました。

お茶席などに映える一品です。

 

 

さて、こちらは山口安次郎監修の色無地です。

「あけぼの絹糸」という農林水産省指定のブランドシルクです。

出雲大社の60年に一度のお祭りに白絹として初めて献上されたそうです。

 

葡萄唐草の地紋があり、

 

こちらはよくみると細かい柄の地紋がデザインされています。

帯締めを一本、一緒に合わせてみました。

 

 

「おしゃれ百選」は3月11日から15日まで開催しておりますので、お時間あれば是非遊びにいらしてくださいませ。

 

ではでは、今日はこの辺で。

 

初めての方でも30分で出来る簡単切り絵教室

2019.02.22 | ブログ -日々のこと-

こんにちは。

街ゼミの時期がやってきました。

目黒呉服店では街ゼミ着付け教室以外に、切り絵作家のMaoさんをお呼びして簡単切り絵教室を開催しております。

 

その様子を簡単にご紹介致します。

雰囲気はこんなかんじです。

着物姿でいらっしゃるお客様もいらっしゃいます。

 

こちらの美人さんがMao先生です。

優しく丁寧に教えてくれます。

 

わからない部分や難しいところがあれば、すかさずサポートしてくれます。

こちらは春らしい桜を切っているところでしょうか。

 

こちらは何をつくっているのでしょう。

 

どうやら鯉のぼりのようですね。

こどもの日に向けて制作してみては如何でしょうか。

 

他にも春から夏にかけての作品テンプレートをご用意しております。

ちょっとしたところに作品を並べると華やぎますね。

 

 

ご興味ある方は下記の日程で開催しておりますので、お気軽に当店までお問い合わせ下さいませ。

 

2019年街ゼミ切り絵教室 日程

2月28日(木) / 3月5日(火) /  3月26日(火)

時間:13:00~14:00

材料費:1000円

会場:目黒呉服店

住所:旭川市3条通7丁目ヨシタケパークビル8階

お問い合わせ:0166-22-5102

 

 

皆様のご参加お待ちしております。

 

雛人形のご紹介

2019.01.31 | ブログ -日々のこと-

こんにちは。

先日に引き続き、雛人形をご紹介させて頂きます。

(今回ご紹介するのは浜田智津子さんの作品ではありませんので、ご了承ください)

 

表情がなんとも日本らしい雛人形です。

木目込みで製作されており、とても上品な作りになっています。

(38880円+Tax)

 

こちらはとても表情の可愛らしい雛人形です。

段になっているので、豪華な印象があります。

(13000円+Tax)

 

衣装の色、柄が鮮やかな雛人形です。

後ろの椿も付属しております。

(12000円+Tax)

 

こちらの立ち雛も可愛らしいですが、着物や後ろの几帳に重厚感があるので雅な印象です。

(4300円+Tax)

 

 

仲の良さそうな陶器の立ち雛です。

さりげなく上品さを漂う印象です。

(2000円+Tax)

 

こちらは焼き雛です。

土っぽさがあるので、どっしりと重厚感があります。

(2500円+Tax)

 

こちらもにこやかな笑顔が印象的な雛人形です。

(2000円+Tax)

 

ひょうきんな顔のお殿様がとても可愛らしいです。

(2300円+Tax)

 

最後はこちら。

上から覗くとなんとも言えない表情の雛人形です。

ありそうでないデザインが特徴的です。

(2700円+Tax)

 

如何でしたでしょうか。

ちょっとした飾り物をお探しの方は是非、遊びにいらしてください。

雛人形 展示会

2019.01.30 | ブログ -日々のこと-

こんにちは。

もう一月も終わりですね。

 

さて、目黒呉服店では少し早めに雛人形を展示しております。

その様子をご紹介致します。

 

うさぎの顔がなんとも可愛らしいこちらのお雛様は「浜田智津子」さんの作品です。

 

冠はなんと江戸時代のかんざしを使用したもの、着物も江戸時代の生地を使っています。

 

貝桶は中の貝合わせまでも細やかに製作されています。

 

お重も中まできれいに仕上げられています。

(もし、ご希望であれば上記のセットの販売価格はお店までお問い合わせください。)

 

 

さて、浜田さんの作品はまだまだありますので、そちらもご紹介致します。

こちらは貝合わせとお雛様のシリーズです。

(36000円+Tax)

 

生地の柄だしもとても繊細に配置されています。

 

貝を裏返すとしっかり柄がデザインされており、これだけでも目に楽しいです。

 

こちらは色違いになります。

(36000円+Tax)

 

先ほどとはまた雰囲気が違ってみえますね。

 

貝の裏も色、柄が変わると全く違って見えてきます。

 

こちらは丸いフォルムがなんとも可愛らしいお雛様の箱になります。

 

中も鹿の子柄の生地が貼り付けてあり、和の雰囲気を楽しめる小箱になっております。

アクセサリーやちょっとしたものを入れておくのにいいですね。

(15000円+Tax)

 

こちらも可愛らしい表情とまた着物の生地に雰囲気があるお雛様です。

(30000円+Tax)

 

こちらは額に入った雛人形です。

着物の柄や背景に当時の味わいを感じる一品です。

(82500円+Tax)

 

こちらはよく見ると筒袖のお殿様です。

先ほどのものとはまた雰囲気の違う作品になっております。

(75000円+Tax)

 

タテになっているので、飾る時は立てて置いて頂けます。

 

さて、最後にご紹介するこちらも浜田さん作の投扇興です。

(31200円+Tax)

 

 

こちら色違いです。

こちらも細かい刺繍が配置されており、なんとも雅な雰囲気です。

 

 

如何でしたでしょうか。

お時間あれば是非、実際にご覧になってくださいませ。

(※展示は2月25日迄)

page top