取扱商品

時代を超えて輝くきもの

小幅の中にちりばめられた様々な技法の数々が私たちの目を楽しませてくれます。
きものは眺めているだけでも美しく、心のやすらぎやエネルギーを与えてくれる素晴らしい日本の宝物です。
これからも日本人の心に残るきものをご提案していきたいと思います。

付下「花籠」

京友禅の付下です。
籠の箇所は銀箔で、落ち着いた雰囲気ながら存在感ある一点です。
春秋文様なので、季節問わずご着用頂けます。
おめでたい柄なので、結婚式やパーティーにお勧めです。

付下「源氏香」

京友禅の付下です。
色合いやぼかしなど、なんとも言えない柔らかさの中に、金刺繍による立体感もあります。
パーティーやお茶席、お香の会などにお勧めです。

小倉淳史「辻が花」

伝統工芸士の小倉淳史作の付下になります。
辻が花とは染め・絞り・描き絵を併用したもので、奈良時代より
日本に伝わる手法です。
柔らかな色合いで、帯も嫌わず幅広く合わせられます。
結婚式やパーティー、お茶席などにご着用頂けます。

小倉淳史「辻が花」

伝統工芸士の小倉淳史作の付下になります。
辻が花とは染め・絞り・描き絵を併用したもので、奈良時代より
日本に伝わる手法です。
素朴な風合いは飽きが来ず、長くお使い頂けます。
こちらは夏用の着尺になります。

page top